この腰痛は「一生の付き合い」と諦めているあなたへ…もし、あなたが上記のようにお悩みであれば腰痛・神経痛の専門家である私たちにお任せください!
  • ウイルス対策の徹底
  • 医師・大学教授
    スポーツ選手が絶賛
  • 駐車場10台

『立ち仕事が原因で坐骨神経痛になっている人の改善方法』

坐骨神経痛, 腰痛

『立ち仕事が原因で坐骨神経痛になっている人の改善方法』

YouTubeで見る場合、クリックで動画視聴可能です
YouTube サムネイル 立ち仕事で多い坐骨神経痛

今回は立ち仕事が原因で坐骨神経痛になっている人の改善方法』についてお伝えします。

まず立ち仕事で坐骨神経痛が出ている人は『立ち姿勢に特徴』があります。どういった立ち姿勢かと言うと反り腰の方が非常に多いです。

なぜかと言うと反り腰の方はお尻の筋肉が非常に硬くなりやすいです。お尻の筋肉が硬くなると、坐骨神経をお尻の筋肉でぐっと圧迫してしまいます。なのでお尻の筋肉、特に梨状筋という筋肉をしっかりほぐしてあげる必要があります。なので今回はその梨状筋をほぐすストレッチ方法をお伝えします。

準備するものはテニスボールです。そのテニスボールをお尻の下に入れてストレッチします。まず上向きに寝て下さい。そして、自分の腰骨を触っていただきます。その腰骨から股関節の方にずっと手をなぞっていくと、ボコッとなっている場所があります。ここが大転子という骨になります。ここから梨状筋という筋肉がついているので、そこの高さに合わせてテニスボールをお尻の下に入れます。

お尻の下にテニスボールを入れたら膝(ひざ)を曲げてその状態から足を開いて閉じてを10回繰り返します。そうすることによってお尻の筋肉がしっかりほぐされてきます。

ストレッチをしている時に痛みがある場合は、足を動かさずに体重をかけておくだけでも効果があります。 徐々に慣れて痛みが減ってきたら少しずつ足を動かしてほぐすようにしていきましょう。

10回という回数が楽にできるようになれば次は30秒という時間で区切って行ってみましょう。

次はボール1つぶん内側に入れて同じように10回行います。

さらにそこからボールもうひとつぶん内側に入れて同じように10回、という風に全部で3箇所で梨状筋ストレッチをやってみてください。

立ち仕事で坐骨神経痛が出ている人はこのようにお尻の筋肉が硬くなっていることが多いです。なので立ち仕事で坐骨神経痛が出ている人は、今回紹介したストレッチを続けてみてください。

この体操をすることでお尻の筋肉はだんだんと緩み、坐骨神経痛が楽になってきますので行ってみてください。