この腰痛は「一生の付き合い」と諦めているあなたへ…もし、あなたが上記のようにお悩みであれば腰痛・神経痛の専門家である私たちにお任せください!
  • ウイルス対策の徹底
  • 医師・大学教授
    スポーツ選手が絶賛
  • 駐車場10台

驚き!ツライぎっくり腰には腹を揉め!鳥取メディカル整体院

ぎっくり腰, 腰痛

驚き!ぎっくり腰はお腹を揉め!

みなさんこんにちは。鳥取メディカル整体院です!
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日はぎっくり腰についてお話をしていきます。

この時期は、だんだんと寒くなり、体がこわばってしまいますね。
そんな時、突然動くと『ギクッ!』とぎっくり腰になる方がすごく多いです。 

寒そうにしている女性

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰は、正式には『急性腰痛症』または『急性腰椎捻挫』という病名です。

原因としては筋肉・筋膜にあるもの、 骨盤の関節に関係あるもの、靭帯損傷によるものなどが考えられます。

急に重いものなどを持った際には、ちょうど背骨の真ん中にある靭帯が 稀に断裂を起こすこともあります。

そして以外に重たいもの以外に、床に落ちたペンを取ろうとした時や、朝顔を洗う時など、そんなに力を要さない時に発症してしまうことも少なくありません。

また椎間板ヘルニアなどを患っている方は、ギックリ腰を起こしやすいと言われています。椎間板ヘルニアでなくても、筋肉性のギックリ腰を繰り返していくと椎間板ヘルニアになりやすいと言われます。
右の腰が痛い

動くこともできないぎっくり腰の対処法

 激痛を伴っている場合、歩く事も立つ事も困難な場合は、まずRICE療法(R:安静、I:冷やす、C:圧迫、E:挙上)を行ってください。

これは急性期の基本的な対処法です。急性症状が出ている時は、まず炎症をとることを優先して行いましょう。

コルセット

ぎっくり腰の場合できることは、R,Cに関してコルセットをつけることで行えます。 『 I:冷やす』に関しては、15分以上のアイシングを行なってください。

シップではなくアイシングです。

寒い時期ですが、少し我慢するだけで、後々の痛みが大きく変わります!

炎症が落ち着き痛みが軽減した事が確認できたら、少しずつリハビリを行い、再発しない身体作りを行います。

ギックリ腰になる患者さんの大半は再発です。同じ痛みを繰り返さないためにも再発防止リハビリを行うことをお勧めします。

ぎっくり腰の意外な原因

ぎっくり腰では、腰が痛くなりますよね!?その中で、腰が痛いから腰を揉めばいいと考えられている方がたくさんおられます。

もちろん腰の関節や、筋肉を見ていかないといけませんんが、一つ重要な筋肉があります。 それが『大腰筋』腰椎(腰の骨)から股関節に着く筋肉です。

大腰筋イラスト

この筋肉は股関節を曲げるという働きのほか、腰の安定性を高めてくれるという重要な役割を担っています。

ぎっくり腰改善!?お腹のマッサージ

もし、腰のストレッチや、体操を行っても少しも改善が見られない場合は、お腹のマッサージをしてみてください。

おへそから大体指3本分横にずらし、ゆっくりと指を押し込んでいきます。
痛みが少ない方は、そこで股関節を曲げてみましょう。

むくっと筋肉が膨隆するのが確認できたら、そこが『大腰筋』です。
そこをゆっくりと円を描くようにマッサージをしてみてください。

大腰筋の触り方

季節の変わり目や冷暖房などで一日の温度変化が10℃以上になると、身体全体の血行が悪くなり筋肉の強張りや疲労が溜まりやすくなります。

さらに、睡眠不足やストレスで負担が蓄積されると自律神経が乱れたり、暴飲暴食・不規則な生活リズム等で内臓に負担が掛かり内臓を庇うように丸まった姿勢をとることも、ぎっくり腰に繋がる事もあります。

過去にぎっくり腰になったことがある方は要注意です。日頃から、ぎっくり腰にならないように、体のケアを行なっていってくださいね!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!それではまた。

「私にあっているか不安…」
そんなあなたのための、
今だけの初回特別価格!

「ホームページを見た」と
お伝えいただくと

通常初回施術費
8,800
1,980

※初回の方限定の割引です。

11月26日(木)までに先着
7名様限定割引

予約多数のため残り2名様

ご予約受付時間:9:00~20:00
(定休日:日曜・祝日)

施術中は電話に出られません。留守番電話にお名前とご連絡先を入れてください。
必ず折り返し致します。

 

ご予約・お問い合わせはこちら

0857-77-3968

ご希望の時間帯でご案内頂けない場合がございますので、
第2希望までお考えいただけますようよろしくお願い申し上げます。

※ご希望の時間帯でご案内頂けない場合がございますので、
第2希望までお考えいただけますようよろしくお願い申し上げます。

メールおよびLINEなら...
24時間365日受付可能です。

※こちらからのご返事は営業時間内となります。

ラインでのお問い合わせの際には、お名前と連絡先は、
必ず入れておいてくださいますよう、よろしくお願いします。

受付時間
09:0020:00
定休日:日曜日、祝祭日