この腰痛は「一生の付き合い」と諦めているあなたへ…もし、あなたが上記のようにお悩みであれば腰痛・神経痛の専門家である私たちにお任せください!
  • ウイルス対策の徹底
  • 医師・大学教授
    スポーツ選手が絶賛
  • 駐車場10台

出っ尻(でっちり)が原因で腰痛に!?【鳥取メディカル整体院】

脊柱管狭窄症, 腰痛

【あなたの腰痛は出っ尻(でっちり)が原因!?】

みなさんこんにちは。鳥取メディカル整体院です!
今日は《出っ尻(でっちり)について》お話をしていこうと思います。

 なぜこんな話をするのかというと、腰痛で来院する方の多くが出っ尻になっていことが多いからです。

女性矢状面

出っ尻=反り腰!?
一般的に出っ尻とは何か・・・?

医学的には、それを反り腰と言います。
みなさんは、そり腰って一体どうものかご存知ですか?

【反り腰とは?】

反り腰とは言葉の通り腰が反っている状態です。

人間の体で、胴体(上半身)は上の方(胸郭と言います)は、後方を背骨、前方を肋骨という骨で覆われている骨格構成をしており、安定性にすぐれた構造をしています。

一方、腰(腹部)は背骨のみの骨格構成をしておりとても不安定な構造をしています。前方は、腹筋群の筋肉でサポートしているという構造です。そこで、腹筋が弱い方は、背骨でなんとか構造を安定させようとしてしまします。 

スクリーンショット 2020-10-01 11.46.09


【まず腰椎の構造から説明します。】
図のように、多くの方は左側を腰の関節と勘違いしています。本当の腰の関節は右側の縦に赤い線で記した部分になります。

赤い関節(本当の関節)は、腰を丸めるとだんだんと開いてきます(ゆるみの肢位と言います)

そして、腰を反ることによって締まってきます(しまりの肢位と言います)

ゆるんでいるのと、しまっているのでは、どちらが安定するかわかりますよね?

そうなんです。

このしまりの肢位を持続的に行ってしまっているのが出っ尻、反り腰という状態なのです。

この腰が反った状態が長く続くと腰の筋肉が固まってしまい痛みを誘発します。

また、下半身に行く神経では腰の骨から出てますので、その神経を圧迫してしまう要因ともなります。

反り腰の主な原因は、上記でもお話ししたようにお腹まわりのインナーマッスルが効いていないことにあります。

また、股関節周りの筋肉が硬いと言うようなことがあります。

出っ尻、反り腰の簡単なチェック方法

1)あおむけに寝る

床に寝転んでもらい自分が楽だと思う姿勢で上を向いてください。その後、腰に手を入れてみましょう。正常な範囲は、パーにした手が入るか入らないかです。 両手が入る片やグーでも腰に手が入る方は要注意です。

スクリーンショット 2020-10-01 11.44.48

2)立って壁にもたれる
たった状態でも同じように壁にもたれてみてください。
重力ない分、肩甲骨、後頭部が壁から離れないように気をつけてください。その時に腰にどれぐらい手が入るかが判断基準です。※指標は、寝ている時の指標と同じです 

スクリーンショット 2020-10-01 11.44.56

1、寝ている時は腰が浮かない、立つと腰が浮く方
お腹周りのインナーマッスルが効いていないことが原因です。

2、寝ている時から腰が浮いてしまう方
股関節周りの筋肉が硬いことが原因です。

【対処方法】

①体幹(インナーマッスル)のトレーニング  

ハンドレッド

体幹(インナーマッスル)の筋力が落ちている方は、それぞれの状態に合わせた体幹トレーニングをしていく必要があります。

オススメは医学的にも認められた効果のある《ピラティス》というトレーニングです^ – ^

②抱え込み運動 
図1
まず仰向けで両膝を立てて寝転びます。
その後両膝を抱え込むようにして、息を吐きながら膝を胸に近づけます。このまま深呼吸を3回行いましょう。
※痛みがどちらか一方に偏っているときは、痛いほうの膝だけを抱えて同じように深呼吸を3回行いましょう。

③股関節の前面のストレッチ 

大腿直筋、腸腰筋ストレッチ
股関節の前面の筋肉が硬くなると、骨盤が前傾してしまい出っ尻、反り腰を助長します。

そのため股関節の前面の筋肉を柔らかくする必要があります。
膝立ちの姿勢から片足を前に出します。
前に出した足をさらにもう半歩前に出します。
前に出した足の膝に両手をおき、体が傾かないように前に体重をかけていきます。この時後ろ足の前方に突っ張る感じが出できたらうまく行っています。

このように出っ尻、反り腰は腹筋が使えていない方、股関節前面の筋肉が固まっている方に起こりやすいです。

普段の生活で出っ尻や反り腰になりやすい方は、高いヒール靴を履いていることが多い、深呼吸をすると肩ばかり動く(腹式呼吸ができない)、いい姿勢をしようとして無理に背中を伸ばしている、腹筋の力が弱くなっている方がなりやすいと言えます。

自分の体の不調の根本的なところに気づき原因の対象をしていきましょう。
そのために必要なのが、正しい知識、正しい方法を知ることから始まります。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

「私にあっているか不安…」
そんなあなたのための、
今だけの初回特別価格!

「ホームページを見た」と
お伝えいただくと

通常初回施術費
8,800
1,980

※初回の方限定の割引です。

10月22日(木)までに
先着7名様限定割引

残り3名様

ご予約受付時間:9:00~20:00
(定休日:日曜・祝日)

施術中は電話に出られません。留守番電話にお名前とご連絡先を入れてください。
必ず折り返し致します。

 

ご予約・お問い合わせはこちら

0857-77-3968

ご希望の時間帯でご案内頂けない場合がございますので、
第2希望までお考えいただけますようよろしくお願い申し上げます。

※ご希望の時間帯でご案内頂けない場合がございますので、
第2希望までお考えいただけますようよろしくお願い申し上げます。

メールおよびLINEなら...
24時間365日受付可能です。

※こちらからのご返事は営業時間内となります。

ラインでのお問い合わせの際には、お名前と連絡先は、
必ず入れておいてくださいますよう、よろしくお願いします。

受付時間
09:0020:00
定休日:日曜日、祝祭日