この腰痛は「一生の付き合い」と諦めているあなたへ…もし、あなたが上記のようにお悩みであれば腰痛・神経痛の専門家である私たちにお任せください!
  • ウイルス対策の徹底
  • 医師・大学教授
    スポーツ選手が絶賛
  • 駐車場10台

脊柱管狭窄症で歩けなくなる【鳥取メディカル整体院】

脊柱管狭窄症, 坐骨神経痛, 腰痛

脊柱管狭窄症|だんだんと歩けなくなる

みなさんこんにちは。鳥取メディカル整体院です!
今日は《脊柱管狭窄症について》お話しをして行きたいと思います。

《脊柱管狭窄症とは》

Spinal Stenosis
Spinal Stenosis as a degenerative illness in the human vertebrae causing

 脊柱管狭窄症とは、50歳代以降に発症しやすく、70歳代以降の腰痛の多くが脊柱管狭窄症と診断を受けています。

背骨には脊髄や神経が通っている穴が空いており、これを脊柱管と呼びます。脊柱間狭窄症とは、読んで字のごとく、脊柱管が、何らかの原因により狭くなってしまい、脊髄や神経を圧迫ていることを言います。

《脊柱管狭窄症の種類》

1)変形性脊柱管狭窄症
骨や体の歪みにより、長年背骨に負担を与え続けた結果変形していき、生じる狭窄症です。
多くの方はこれに当てはまります。特に第4.5腰椎間で起こることが多いとされています。

2)先天性脊柱管狭窄症
先天的な脊柱の奇形がある方や現疾患がある方に生じる狭窄症です。軟骨無形性症などが代表的な例です。

3)外傷後脊柱管狭窄症
圧迫骨折(いつの間にか骨折)やすべり症が原因で生じる狭窄症です。

4)その他(実は脊柱に原因はない)
実は、レントゲン等で脊柱管の狭窄があるが痺れなどの症状は出てない方もいます。
どういうことかというと、狭窄=症状ではないということです。事実、脊柱管狭窄症と診断された方も、実は神経を圧迫していたのが筋肉だったということも非常に多いです。

また、50歳代以降の方で立ち仕事が多い方、反り腰の方、若い時にヘルニア、腰椎分離症・すべり症になった方は脊柱管狭窄症になりやすいと言われています。

《脊柱管狭窄症の症状》

脊柱間狭窄症の主な症状は、腰痛、足のしびれ、砂利道の上を歩いているような異常感覚などの神経症状が出現します。

さらに進行していくと、激しい痛みとしての異常感覚、力の入りにくさなどの運動麻痺、おしっこが出ずらくなってしまう排尿障害などの神経症状が出現してきます。

7

また特徴的な症状として、間欠性跛行があります。これは、下肢のしびれ、痛みなどで長時間の歩行や長時間の立位が困難になることを言います。

このような症状が、前かがみやしゃがんで休憩すると一時的に楽になるのが脊柱管狭窄症由来の間欠性跛行の症状です。

前かがみで休憩して脊柱管内の圧迫を除けば再び歩くことができるという方はこの神経性間欠性跛行に該当します。

同様な症状でも、前かがみで痛みが治らない場合は、血管性の間欠性跛行の可能性がありますので、必ず診察をしてもらいましょう。

しびれ足

また、寝る体制も、仰向けでは腰の筋肉が緊張しやすく、反り腰が助長されやすいため神経症状が出やすくなります。横向きで丸まって寝ると痛みが軽減しやすいです。

症状が重篤化してくると、排尿に関わる神経も圧迫していきますので、排尿のコントロールがうまく出来づらくなります。

脊柱管狭窄症の方は、長距離歩くことがきつい、激しい痛みで歩けない、痺れて歩きにくい、寝返りを打つのも冷や汗が出るほどやっと、など激しい訴えが多いことが印象的です。

《脊柱管狭窄症の原因》

脊柱管狭窄症の原因としては、背骨の変性、変形などにより起こることが多いですが、変形してしまうのにも原因があるのです。

高齢者散歩

それは、悪い姿勢、日常生活のクセ、初期段階での誤った認識と対処法です。これらを改善していかないと、脊柱管狭窄症は徐々に進行してしまい、やがて堪え難い痛み、痺れが襲ってきます。

変形≠痛み?痺れ?

変形=痛みと思っていませんか?私たちも最初はそう思って言いました。しかし、実は痛みのない方でも約80%の方に脊柱構成体のなんらかの変形はあるとされています。

あなたの痛みは変形によるものではないかもしれないのです。神経の通り道で狭くなっているところが、背骨以外にある可能性が大いにあります。その組織とは筋肉です。

神経は、背骨から出た後、筋肉の間を縫うように抹消まで進んでいきます。
その間に筋肉が凝り固まっていたら神経が圧迫されてしまい、脊柱管狭窄症のような症状が出現することがあるのです。

これらを、見分け対応して行くことが脊柱管狭窄症の症状を和らげる第一歩になります。まずは正しい知識、対処法を学ぶことが症状改善への第一歩となります。

《脊柱管狭窄症を改善するには?》

症状改善の理屈はとても簡単です。狭くなった神経の通り道にゆとりを持たせてあげましょう。そうすることにより症状が落ち着いてきます。

しかし、問題は理屈は簡単でもそれを維持する筋力や、身体機能、ボディーイメージが整っていないことがほとんど。脊柱管狭窄症の方は「骨盤を動かしてみましょう」と伝えても、「えっ?どうやって動かすの?」という方が非常に多いです。

これは痛みにより無意識のうちに腰を固めてしまっているためです。しかも、それをあなたの体は骨盤の正しい位置と誤認してしまっています。

鳥取メディカル整体院ではまずは硬くなって動きの悪い筋肉の柔軟性を取り戻していきます。
そして、その筋肉を上手に使えるようにトレーニングしていきます。これにより姿勢が影響している症状は落ち着いてきます。

脊柱管狭窄症による痛みや神経症状でお悩みなら、私たちにお任せください。
本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

「私にあっているか不安…」
そんなあなたのための、
今だけの初回特別価格!

「ホームページを見た」と
お伝えいただくと

通常初回施術費
8,800
1,980

※初回の方限定の割引です。

10月24日(土)までに
先着7名様限定割引

予約多数のため残り2名様

ご予約受付時間:9:00~20:00
(定休日:日曜・祝日)

施術中は電話に出られません。留守番電話にお名前とご連絡先を入れてください。
必ず折り返し致します。

 

ご予約・お問い合わせはこちら

0857-77-3968

ご希望の時間帯でご案内頂けない場合がございますので、
第2希望までお考えいただけますようよろしくお願い申し上げます。

※ご希望の時間帯でご案内頂けない場合がございますので、
第2希望までお考えいただけますようよろしくお願い申し上げます。

メールおよびLINEなら...
24時間365日受付可能です。

※こちらからのご返事は営業時間内となります。

ラインでのお問い合わせの際には、お名前と連絡先は、
必ず入れておいてくださいますよう、よろしくお願いします。

受付時間
09:0020:00
定休日:日曜日、祝祭日